オーストラリアカジノを猫が語る不思議

  • 投稿日:
  • by

ぜーったい!オーストラリアカジノに行くんだから!え、私?名前はまだない。そう、自分は野良だったりする。

猫が何をと思うかもだが、自分こう見えて、昔は大きなお屋敷に住んでた。けど、御主人が不慮の事故で亡くなり、ついでに奥さんは心神喪失、子供もおらず、ぽいって捨てられた。

けど、お蔭で今は自由さ!その代償は名前と家。辛いけど頑張る!「へー。今日も元気そーね」あ、かなーにゃ!「相変わらず、オーストラリアカジノ等、人間みてーな夢を?」

勿論!マスタ-は時々言ってた!あそこは最高な場所っつー事を。絶対訪れる!それが「亡きご主人との約束、誓い。でしょ?何百回言えば気が済む?」

でも、口にせねば忘れちゃうから。「忘れんじゃありません。オーストラリアカジノ等、私だけではどだい無理な話」確かに難しい。でも、僕らは自由だ!

これさえあれば、たとえオーストラリアカジノであれ、どこでも到達可能さ!「理想主義者ね。まったく、同じ動物として恥ずべき事よ」君は現実的過ぎる。柔軟な頭をもとう。